白梅商店会

3.平成23年度Cブロック自主防災組織消防訓練実施について 防災活動

本郷消防署指導による実践的訓練

1.実施日時等
(1)日時平成23年8月10日 午後3時より
(2)場所文京区湯島3丁目シンスケビル4F
(3)参加者約30名前後
2.訓練内容(1)首都直下型大規模地震発災対応訓練の一部として
ア.緊急時の止血、ヤケド処理、骨折等(RICE処置方法)
イ.応急処置の限界について
ウ.医療トリアージと緊急搬送や相互通信について
エ.トリアージミスと負傷+疾患や捻挫症候群等合併症の危険について

各町会、商店会青年部の参加希望者は8月8日までに下記連絡先までご連絡くださいますようお願い申し上げます。 町会、事業所、マンション管理組合 090-1668-5067 岡庭

Cブロック事前対策の実行開始と避難所運営協議会事務局会議

第一回会議に引き続き、7月27日湯島小学校避難所運営協議会事務局会議に岡庭副会長が出席。 既に防災関係機関が決めている配置場所について、改めて一時避難場所としての利用を検討するように依頼。更に、旧岩崎邸跡地についても検討を依頼。 Cブロック資材倉庫の要求、資機材配備を東京都や区の補助金を申請することで購入できるよう検討中 災害時の防災無線以外のバックアップとして、PC等インターネットを利用した通信回線による相互通信を検討するよう依頼。 災害時における小学校の利用形態について、改めて関係者による利用方法の検討を行う。 平成24年3月11日(日)に災害規模M8クラスを想定した電気、ガス、上下水道、電話、公共交通機関停止という被害想定のもと、避難所を開設するという実践形式による訓練を予定。 8月10日(水)に天一、天二、天三、同朋町、白梅商店会各会長了承のもと、青年部が中心となって本郷消防署指導の緊急時応急処置及び医療トリアージと避難所の対応について訓練開催 9月4日(日)白梅商店会青年部主催「ちびっこ広場」にて起震車やケムリのトンネル等を使った親子向け防災訓練も開催。

「他」イラスト

▲